膠原病の症状をチェック | 膠原病症状ナビ

膠原病の抗リウマチ薬による治療

 

抗リウマチ薬は疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs、ディーマード)と呼ばれ、関節リウマチの発症のもとになっている免疫異常を是正することによって、関節リウマチの活動性をコントロールする薬の総称です。炎症性サイトカイン等の特定の病態形成分子をターゲットとするモノクローナル抗体などの生物学的製剤も広い意味でのDMARDsに分類されます。

 

 

抗リウマチ薬の種類と特徴

DMARDsは、その作用機序から免疫調節剤と免疫抑制剤に分類されます。前記の免疫抑制剤の多くは抗リウマチ薬としても使われています。

 

DMARDsの多くは遅行性で効果発現まで1〜3ケ月かかります。開始したら3ケ月は服用を続け、効果が見られないときは他の薬剤に変更します。DMARDsの効果には個人差が大きく、ある薬剤がある患者に有効でも他の患者に有効とは限りません。

 

しかし、その有効性の有無を投与前に知ることは現在のところできません。また、DMARDsが良く効いていても、長く続けるうちに急に病気が再燃することがあり、エスケープ現象と呼ばれます。この場合には他の薬に変更するか、しばらく併用することもあります。

 

DMARDsは副作用の比較的多い薬です。最も多く共通して認められる副作用は消化器症状と皮疹ですが、軽度ならば対症療法により治療を継続できる場合もあります。しかし、中には血液障害、腎障害、間質性肺炎などの重度な副作用も見られることがありますので、使用中のDMARDsに特有の副作用をよく知っていることが大切です。

 

服用中は自覚症状に十分な注意を払いつつ、血液・尿検査を定期的に行います。

 

【スポンサードリンク】

 

 

関節リウマチの治療における抗リウマチ薬の位置づけ

関節リウマチの治療には従来はNSAIDsを第一選択剤として、効果が不十分な場合には穏やかなDMARDsから段階的に使用していくという、いわゆるピラミッド療法が関節リウマチ治療の基本とされていました。

 

しかし、この方法は関節破壊や機能障害進行の抑制には有効でないことが明らかになり、効果の高いDMARDsが続々と開発されて使用可能になったこと、関節リウマチの関節破壊は発症の比較的早期に起こり早期治療により関節破壊を遅らせる可能性がある事などから、現在の関節リウマチの薬物療法は強力なDMARDsを早期から使用し、NSAIDs及びステロイドを補助的に用いるという考え方が基本となっています。

 

 

特にメトトレキサート(MTX)を中心とする有効性の高いDMARDsと生物学的製剤の導入により、関節リウマチ患者の大多数がコントロール可能となりました。

 

DMARDsには関節リウマチを寛解に導く効果があり、また関節破壊の進行を抑制する作用が証明されています。特にX線上の骨びらんが出現する以前、また関節リウマチ羅病期間が短いほどDMARDsの効果が高いことが示されており、診断されたら速やかに開始することが強く推奨されています。

 

このように現在の関節リウマチの治療においてDMARDsは中心的役割を占めており、事実上すべての関節リウマチ患者にDMARDsが使用されます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

【スポンサードリンク】